Automoviles-santamaria

事業継承の方法をコンサルティングとともに探っていく

事業継承というのは頻繁に起こる事ではなくその企業にとって1度ないし2度程度しか起こらない少ないケースであり、実際にそのようなことになった場合どのような対応をすれば良いか分からない企業主の方も多いのではないでしょうか。さらに最近では、事業継承に関する法律の改定がされたりして一段と難しい問題となっています。その影響でこれまで使われていた方法が法改正によって、できなくなったりするので自社のみで解決することが難しくなり専門性の知識の優れたコンサルタントに相談するのが一般的な方法と言えます。事業承継
 
コンサルタントと言っても何かの分野に特化した人ではなく税理士や会計士、司法書士などあらゆる分野の人材を置いているコンサルティング会社に相談することが最も適切な方法といえるでしょう。ただ、事業継承については各社によっていろいろな問題があります。
特に多いのが跡継ぎの問題でオーナーとの複雑な人脈関係などが影響して最適な方法で解決するのが難しいといったことがあります。コンサルティングに相談するような企業はだいたい複雑な事情が絡んで問題を抱えている場合がほとんどです。
 
逆に言うと、コンサルティングに相談しないような企業は特に大きな問題に直面せず事業継承をスムーズに行っているケースがほとんどです。
 
このようなことからコンサルティングでは、あらゆる角度から問題を解決する対策を取っています。具体的な例で言うとまずは、後継者がいるのかいないのか、経営方針は今までのものを引き続き行うのか、あるいは一新して再構築するのか、オーナーや会長の保有する資本を元に事業継承するのか、あるいは新たな資本を取り入れ再構築するのかなど今後の方針を明確にしていく必要があります。
 
そこからどんどんと細分化していき資産保有の問題や相続税の問題、株主の構成など一つ一つを解決していくことをコンサルティングでは、行っているケースがほとんどです。このように各会社の希望やニーズに沿ってその会社のよりよい事業継承方法を探っていきます。 http://xn--j2r801ab2u4ia.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *